3億人突破のLINE、世界制覇の秘策とは?

現地化戦略で世界のスマホユーザーを囲い込む

日本発の無料通話・メールアプリ「LINE(ライン)」の快進撃が止まらない。11月25日、世界の登録ユーザー数がついに3億人を突破した。東日本大震災から3カ月あまり経った2011年6月23日にサービスを開始し、2013年1月に1億人に到達。その半年後の今年7月には2億人を突破。それからわずか4カ月で世界3億人のユーザーを抱える一大コミュニケーションプラットフォームへと成長した。

1日72億件のメッセージ

いまや世界で1日にやり取りされるメッセージの数は72億件(2013年10月)にも上る。従来のシンプルな文字チャットにはない、喜怒哀楽の表情豊かなオリジナルキャラクターの大きな絵文字「スタンプ」も、日本だけではなく世界のユーザーに広く受け入れられた。

登録ユーザー数3億人突破を間近に控えた11月25日の午後、渋谷ヒカリエのLINE本社で社内カウントダウンイベントが行われた。スクリーンに表示される登録ユーザー数は、毎秒10人前後のペースで瞬く間に積み上がっていく。ホールに集まったLINE社員は、高揚を隠せない様子でスクリーンの数字を食い入るように見つめていた。

次ページクラッカーが鳴り響いた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。