セブン&アイが本腰入れる「ネットとリアル店舗の融合」《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》

「ネットを制するものはリアルを制す」

国内小売業界最大の巨人、セブン&アイ・ホールディングスの会長、鈴木敏文氏の言葉だ。

セブン&アイHDは、鈴木会長の大号令の下、「ネットと現実(リアル)店舗の融合」という新しい企業体に向けて再構築を始めた。

セブン&アイHDは売上高で5兆円近い日本最大の小売りグループ。4月5日に発表した2012年2月期決算で、営業利益は前期比20.0%増の2920億円と過去最高を記録した。業態もスーパー(イトーヨーカドー)、コンビニ(セブン−イレブン)、百貨店(西武、そごう)、飲食店(デニーズ)、金融(セブン銀行)までを網羅する。購買客数は、国内で1日約1500万人と日本の人口の実に1割を超える。世界では約4000万人と圧倒的な数字を誇る。

これだけの巨大事業体が「ネットと現実店舗の融合」と言うのだから迫力がある。ネットとリアルの購買活動が強力に連携し合う、巨大なO2O(オンライン・ツー・オフライン)の世界を構築し始めたといえるだろう。

セブン&アイHDの総合ネット通販企業、株式会社セブンネットショッピングの執行役員であり、メディアビジネス本部本部長を務める原田良治氏に戦略を聞いた。


原田良治氏

「ネットにつながるすべての人の知恵を結集し、ネットとリアルが融合した新しいショッピングを実現するのが、弊社の理念。そのためには3つの戦略が必要。

まずは、リアル店舗の共同販促。たとえば、バレンタイン特集をセブン−イレブン、そごう、西武、ヨーカドー、デニーズで共同の販促を行う。お中元やお歳暮も同様。従来のリアル店舗をベースにした販促だ。

同時に、リアル店舗だけではなく、ネット事業も一本化する必要がある。グループそれぞれに持つ、ネットスーパー(ヨーカドー)、eデパート(西武、そごう)、セブンネットショッピングといったネット通販を1つに集約する。共通化することでグループのパワーを発揮する。

3つ目としては、『リアルの販促の共通化』と『ネット事業の一本化』の2つをつなぎ融合することだ。この、ネットとリアル店舗の融合における武器の1つが『セブンスポット』となる」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT