グーグルは、芸術や医療の常識も変えていく 8つの注目ニュースでグーグルを読み解く!

印刷
A
A

いずれにしても、グーグルの支援サービスは利益を追い求めてやっていることではない。短期的な利益を追わなくてもいいような、それほどの域に達している。そんな企業が世界にどれくらいあるだろうか?

リアルより”リアル”なグーグル美術館

社会的な貢献といえば、グーグルは芸術への取り組みも盛んだ。世界中の博物館や美術館に展示されているコレクションをネット上で閲覧できる『Google Cultural Institute』というサービスがあるのだが、このたび「樹花鳥獣図屏風」などが追加されたそうだ。『Google、「樹花鳥獣図屏風」を70億画素で提供、肉眼では見られない筆のタッチまで』。

70億画素で撮影、提供できるのはグーグルが持つ技術の賜物。しかも、これほどまでの精細感で見ることができたならば、実際に美術館に行くよりもブラウザ上で見た方が、ある意味で“リアル”になってしまう。そんな逆転現象が起ころうとしているのだ。

災害支援や芸術のみならず、グーグルは医学的な貢献も果たしている。『グーグル、糖尿病治療で仏製薬大手と提携』。

糖尿病患者は多く、その数は世界中で3億8000万人にも及ぶと言われている。莫大な医療費がかかり、また患者にとっても食事制限や透析などの必要もあることからクオリティー・オブ・ライフを著しく低下させてしまう要因である。このような社会的な問題へ積極的に取り組む姿勢はすばらしく、実際に世界で影響を与えつつあるのだ。

※ 続きの「グーグルの誤算」「グーグルの弱点」は、週刊『夏野総研』のブロマガでご覧ください!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT