グーグル、検索結果に「動画広告」を実装か

情報筋が明かす

グーグルは検索画面に動画広告を挿入するテストの最中だという
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

動画広告がトレンドとなっているなか、グーグルも検索と動画広告の融合を模索している。

グーグルの商品開発ロードマップに詳しい複数の情報筋によると、同社は検索画面に動画広告を挿入するテストの最中だという。そのテストは部分的に実施されており、グーグルと広告業界の間で話し合いが行われているようだ。

グーグルの検索広告が発展するうえで、動画広告は次のステップとなる。もともとはシンプルなリンクとして始まった検索広告だが、写真などほかのメディアフォーマットが追加されてきた。

「かつての検索の定義が頭から覆されようとしています」と、あるデジタルマーケティング企業の取締役は話す。「グーグルがやっと3行広告から離れ始めました。動画広告がモバイル、フェイスブックやYouTubeを乗っ取り、現在グーグルはどうやって検索画面に動画広告を融合させるかを考えています」

同様の動きを見せる、検索サービス各社

しかし、検索画面の動画広告に興味があるのはグーグルだけではない。ヤフーも独自のバージョンを開発しており、マイクロソフトのBingも「Rich Ads」を売り出している。

「『Rich ads』は、広告主が見込み顧客と、検索結果画面で深くエンゲージするには本当に効率的だ。動画広告の質を高めることで、キャンペーンやブランドの資産を拡張できるうえに、高いコンバージョン率を還元することができる」と、マイクロソフトの検索広告グループのマーケティング・ディレクターであるジョン・コスレー氏は、メール取材で応えた。

次ページジョン・コスレー氏の回答とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。