プラス志向の印象を刷り込む

プラス志向の印象を刷り込む

「仕事が丁寧で安心」「丸投げする乱暴なタイプ」と職場の同僚に刷り込まれた印象で仕事はやりやすくorやりにくくなるもの。「いい加減」といった印象でも刷り込まれたら最悪。重要な仕事は誰からも任されなくなります。そんな状況には陥りたくないものです。では、印象(能力、性格、仕事に対する態度など)を刷り込む要因とは何か?

それは一緒に仕事をした相手の口コミ。「几帳面」「大ざっぱ」「負けず嫌い」とプラスだけでなくマイナスな印象も含めて「一緒に仕事してみた仕事ぶり」は記憶に残るもの。逆に「私は部下の面倒見がいい上司です」とアピールしても忘れられてしまいがち(もちろん巧みな自己アピール法で印象を残せる可能性はゼロではありません)。その刷り込まれた印象が職場で広がっていくのです。

ただ中途半端な仕事ぶりなら何も記憶に残りません。徹底した【凄み】がないと「特に記憶にない」と記憶から忘却されるだけ。せっかくならプラスな印象を刷り込みたいもの。ここでプラスの印象を刷り込めたユニークなケースを1つ紹介しましょう。

数年前に転職したDさん(41)が前職の同僚と久々に集まって飲んだときの話。20代で営業現場にいたときの同じ部署で同窓会を企画。すると「今日はスペシャルゲストが登場します」と同僚の1人が誘い、当時の担当役員だったSさん(70)も飛び入りで参加。

「ごぶさたしております。お元気ですか」と、ゲストの参加で宴席はがぜん盛り上がってきました。ちなみにSさんは定年で退職して悠々自適な生活を満喫中。「最近はゴルフ三昧だね」と日焼けして、現役時代よりシェイプアップされた感じにさえ見えます。

「ところで結婚して子供は?」と明るい笑顔で元部下たちと談笑。席を移動しながら部下たちの近況報告を聞いていきました。そしてDさんの隣にSさんが座りました。顔を見ながら、当時の記憶をひもといています。すると何かを思い出したようです。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT