プラス志向の印象を刷り込む

 

と当時の仕事ぶりを褒めたたえてくれました。ただしDさんに対する印象はそのときの活躍で終わっているようです。Dさんは転職前までそれなりの仕事ぶりで社内では知名度の高い社員でしたが、Sさんのような役員にまでは現場の情報は届いていなかったのかもしれません。ただ、記憶してもらっていたものがプラスな印象だったのは幸運でした。

ちなみにSさんは定年で退職していますからその後に仕事でかかわることはありません。が、仮に現役で営業部門を担当していたらDさんの転職は引き留められていたかもしれません。事実、「担当役員だったら君の転職は必死で止めたはず。今さら仕方ないけど、残念なこと」とは、Sさん談。それだけプラスの印象=凄みが鮮烈ゆえ、記憶に残っていたのでしょう。

さて、職場の同僚からプラスな印象を持たれていると得することはたくさんあります。たとえば「この仕事は君に任せたい」「一緒に仕事がしたい」と、やりがいのある仕事が集まりやすい状況が構築できる可能性が高まるのです。

では、どうしたらプラスの印象が残せるか? 大事なことは人並みではない仕事ぶりを示すこと。淡々とありふれた仕事ぶりであれば、記憶から削除されてしまうはず。そこで【トコトン】【こだわる】姿を示すとどうでしょうか? 差別化になり、同僚は凄みを感じて鮮明に覚えてくれることでしょう。すると「仕事に対するこだわりが徹底している」--そんな印象が口コミで職場に広まっていくまでには時間はあまりかからないはず。

こうしてプラスの印象が刷り込まれると職場での仕事はやりやすくなります。「仕事の報酬は仕事」と言いますが、やりがいのある役回りが舞い込むようになるはず。自分なりのパフォーマンスを周囲に認知させるには、地道にかかわった仕事で凄みを見せていきましょう。

 

※写真はイメージです。本文とは関係ありません

 

 

高城 幸司(たかぎ・こうじ)
1964年10月21日、東京都生まれ。86年同志社大学文学部卒業後、リクルートに入社。6期トップセールスに輝き、社内で創業以来歴史に残る「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる。また、当時の活躍を書いたビジネス書は10万部を超えるベストセラーとなった。96年には日本初の独立/起業の情報誌『アントレ』を立ち上げ、事業部長、編集長を経験。その後、株式会社セレブレイン社長に就任。その他、講演活動やラジオパーソナリティとして多くのタレント・経営者との接点を広げている。著書に『トップ営業のフレームワーク 売るための行動パターンと仕組み化・習慣化』(小社刊)など。

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。