東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《4》--張子の虎の総合計画

東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《4》--張子の虎の総合計画

こうした激変期に作られることになる東電の総合計画に対し、「そもそも制度改正をどの程度織り込んでいるのかわからない」(経産省出身で、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科の岸博幸教授)という指摘もある。

となれば、総合計画自体が“張りぼて”になりかねない。原子力損害賠償支援機構関係者の一人は、「政府から当面の資金援助を受けるためのお墨付きを得るような内容なら、正直、計画が夏までもつかも危うい」と明かす。

別の関係者も、「今盛り込めるのは、法律改正しないでもできることだけだ。法改正が必要なものは、長期的な目標を掲げてお茶を濁すことになる」と話す。

政治の道具になりうる総合計画の危うさ

民主党政権がいつまでもつか、という不安要素もある。「自民党には電力業界に近い議員も多く、(仮に政権交代があれば)東電には都合がいい。その時を待って、東電が反撃に出る可能性もある」(岸教授)。

東電が中期的には、「除染や廃炉の責任をうやむやにしようと考えているフシすら感じられる」(原賠機構関係者)。

いくら張りぼてであろうとも、国民の血税が1兆円も投入されようとしている以上、総合計画の内容を軽視することはできない。東電、原賠機構、政府が、安易な落としどころを探り、妥協したような案なら、国民の税金をドブに捨てるも同じだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。