東京電力・偽りの延命、なし崩しの救済《4》--張子の虎の総合計画

総合計画がまとまった後には、あらためて、新たなエネルギー・電力産業のあり方を追究することも必要だ。経済同友会の「電力供給と発送配電のあり方研究会」副座長で、経営共創基盤CEOの冨山和彦氏は、今後の電力産業は成長産業だと位置づける。

「総体として電力使用量は減るものの、スマートグリッドなど、新たに大化けが見込める分野もある。電力業界再編議論の錯綜が、こうした新たな成長部門の足を引っ張るような結果になるともったいない。将来のイノベーションを加速させる方向に、今回の電力制度改正を導くべきだ」(冨山氏)

さまざまな組織と人間の利害と思惑を乗り越えて、前向きな政策を描けるのか。総合計画の策定まで、残り2カ月を切った。

(週刊東洋経済2012年2月18日号より)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。撮影:尾形文繁
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT