ニトリの採用は、なぜ学生の評判が悪いのか

「説明会が資料読み上げ」「面接官が熱弁すぎ」

新卒採用では、学生側も企業をよく観察している(撮影:尾形文繁)

2016年新卒の採用はヤマ場を超えたが、売り手市場だったことと、採用スケジュールの後ろ倒しが重なって、思うように採用できなかった企業も多い。こうした企業は次の2017年新卒(現3年生)では捲土重来を期していることだろう。

多くの企業が、早くも今年12月から来年2月にかけて、3年生を対象にしたインターンシップを実施する。夏休みよりも件数は増加する見込みだ。経団連の方針とは裏腹に、インターンを選考に結びつける企業も少なくない。

2017年卒採用の実質スタートに向けて役立ちそうなのが、2016年卒の採用活動について、学生から実際の企業名とともに評判を聞き取った調査だ(HR総研調べ、有効回答数2098人)。ランキングにまとめた結果を、採用活動の進行順に見ていきたい。

インターンの評判がいいのは?

現4年生向けにインターンを行った企業の中で、学生からの評価が最も高かったのは損害保険ジャパン日本興亜(27票)。5日間という期間ではあるが、グループワークだけでなく、実際に保険業務を体験することができる内容だった。「きちんとフィードバックしてくれた」「インターンシップ後もさまざまなフォローがあった」というコメントからわかるように、やりっ放しではない点が評価されている。

2番目にランクインした三井住友海上火災保険(24票)でも同様だ。こちらも「学生目線で細かいフィードバックをしてもらえた」「社員と話をする機会を設けてもらったり、インターンシップ後のフォローが良かった」などと学生に好評価だった。ちなみに損害保険会社では、東京海上日動火災保険も第7位に入っている。3位はニトリ(15票)、4位はりそなグループ(14票)だ。

HR総研の松岡仁主任研究員も、学生をインターンで惹き付けてその後の選考につなげるためには「フィードバックが重要」と語る。学生の優れている点や、就職するにあたって直した方がいいことなどを、親身にアドバイスすることが重要なようだ。

採用ホームページに関しては、最も高く評価されたのは全日本空輸(ANA、54票)だ。「キャリアステップが明確で、自分の将来が想像できた」「簡潔でわかりやすかった」といったコメントが目立つ。第2位は電通(49票)で「様々な事例が載っていて具体的に仕事のイメージが湧いた」「Q&Aがしっかりしていた」。採用ホームページはわかりやすさや具体性が重要だ。

一方、ワースト1位だったのがニトリ(35票)だ。企業によって説明会の動員数にばらつきがあるため注意が必要だが、1つの事実である。

次ページなぜニトリがワーストなのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT