ニトリの採用は、なぜ学生の評判が悪いのか

「説明会が資料読み上げ」「面接官が熱弁すぎ」

最後に、面接官の印象が最も良かったのは、インターンでもナンバー1だった損保ジャパン日本興亜(19票)である。「すべて個人面接だったため、時間をかけて話を聞いてももらえた」「学生の意思を読み取ることに真剣になってくれた」「相槌を打ちながら聞いてくれた」。

第2位のANA(18票)でも「最後まで笑顔で話を聞いてくれた」「親身に話を聞いてくれた」などのコメントがあった。学生にとって話しやすい環境を作り、じっくり話を聞いてあげると評価が高くなる。

ニトリは面接官の評判も悪かった

逆に、ワースト1位だったのは、ここでもニトリ(17票)。「学生より面接官が熱弁する時間が長かった」「終始、目を合わせてもらえなかった」といったコメントが並んだ。また、「おかしな対応が多かった。圧迫のようだった」という回答もあった。実際に圧迫面接だったかどうかは不明だが、「学生が圧迫面接と認識すれば、そう評判が広まってしまう」(松岡主任研究員)。

ワースト2位の三井住友銀行(16票)では「自分について何も聞いてくれず、15分程度で面接が終了した」「面接官があくびをしていた」「面接官がふんぞりかえっていた」と、残念な内容のコメントが多い。1人でもこうした面接官がいると、マイナスの評判がすぐに広まってしまう。

クールビズを望む学生は多いようだ(撮影:ヒダキトモコ)

このほか、HR総研は「企業に改善して欲しいことは何か」という質問を学生に投げかけている。その回答の一つに「クールビズ徹底」が挙げられていた。就活期間中にノータイや上着なしの学生が多く、クールビズは定着したかに見えた。だが、クールビズでも構わないという程度ならば、学生はネクタイを締めてスーツを着用した方が無難と判断する。学生としては「クールビズで来るように」と、断定的に指示してほしいようだ。

ツイッターやフェイスブックなどの普及で就活に関する情報はあっという間に拡散する。一度企業イメージを落としてしまうと、回復させるのは大変だ。少しでも優秀な学生を採りたいならば、採用活動に携わる社員一人ひとりが、学生によく見られていることを意識しなくてはならない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。