ニトリの採用は、なぜ学生の評判が悪いのか

「説明会が資料読み上げ」「面接官が熱弁すぎ」

ニトリの採用ホームページへは「あまり情報が掲載されていなかった」「具体性がなく白々しく感じた」など、役に立たないという評価をされている。ただし、ニトリは評価の高い採用ホームページとしても8位(37票)に入っている。

ワースト2位は日本郵政グループ(32票)で、「使いにくい。操作説明も不十分だと思った」だけでなく、「スマートフォンだったからかもしれないが、ごちゃごちゃしていて分りにくかった。結局、エントリーをやめた」といった意見まであった。企業と学生が最初に出会うのが採用ホームページなので、ここで印象が悪いと、会社への第一印象自体も悪化してしまう。

また、学生はエントリーシートの執筆といったことにはパソコンを使用するが、採用情報のチェックなどはスマホでも行う。円滑に採用活動を進めるためには、スマホのページを使いやすく、かつ充実したものにしなくてはならない。万が一、対応ページを作っていなかったとすれば、致命的なミスとも言える。

次は企業説明会。人気第1位は東京海上日動火災(52票)。「先輩社員と懇談する時間が長く、質問を通じて会社への理解を進めることができた」「人事の方とお菓子を食べながら、ざっくばらんに話しができた」などのコメントが並ぶ。

2位のみずほフィナンシャルグループ(36票)でも、「人事担当者の方から学生に話しかけてコミュニケーションを図ってくれた」「社員が快く質問に答えてくれた」といった回答がなされている。企業が一方的に説明するのではなく、双方向でじっくりコミュニケーションできる形式が好まれるようだ。

その場にいる社員はみな見られている

一方、印象の良くない企業説明会の第1位は、またもやニトリ(43票)。「淡々と話すだけでとても眠かった」「ただ手元の資料を読み上げているだけだった」。また、「社員の顔が疲れ切っていた」「社員が面倒くさそうに対応していた。やる気が感じられなかった」という評価もあった。ただしニトリは印象のよい説明会としても7位(28票)に付けている。

第2位は三井住友銀行(29票)。「人によって言っていることが真逆」「興味のある学生と、ない学生で会社の態度が違った」。

説明会には現場の社員もよく登場する(撮影:尾形文繁)

採用活動では人事部以外の社員にも協力してもらうことも多い。ただ、採用業務に慣れていないために、会社の方針と反するようなことを話してしまう場合もある。言動がバラバラにならないよう、指示を徹底することも重要だ。

また学生は、説明をしている者だけではなく、受付や場内整理の担当者もよく見ている。「一人でも態度の悪い社員がいると、会社全体のイメージが悪くなってしまう。社員全員が緊張感を持つべきだ」(松岡主任研究員)。

次ページ面接官の評判は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。