O2Oビジネスの先端手法・ゲーミフィケーション《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第5回》

自分のiPhoneアプリの中に、ケンタッキー・フライド・チキンやローソンといったおなじみの店舗を建て、自分好みの街を作って楽しむ人達が増えてきている。

その背景には、「ゲーミフィケーション(gamification)」という仕掛けがある。

「ゲーミフィケーション」はいま、世界のIT業界で注目されている単語だ。知らず知らずのうちに人々を熱中させ、没頭させてしまうゲームの仕掛けを指す。利用者の気持ちや意欲を高め、楽しんで積極的に参加し続けてくれることを目的としている。今、ゲームではない分野への応用が始まっているのだ。

大手IT調査会社・ガートナーは、ゲーミフィケーションの可能性を高く評価している。2015年までに50%以上の企業がゲーミフィケーションの手法を導入すると予測。ゲーミフィケーションの応用が期待できる分野としては、企業のイノベーション、マーケティング、顧客維持、教育、健康、社会貢献などが挙げられる。中でもマーケティングや顧客をつなぎ留めておく分野では、顧客との長期的・良好な関係を築くための手法として、ゲーミフィケーションが注目されている。

ゲーミフィケーションの仕組みの代表的なものとしては、次のようなものがある。

まず、利用者が短期で達成できるクリアで明確な「課題や目標」を用意する。目標を達成した後には、ポイントやアイテム、レベルアップなどのちょっとした「報酬」を用意することで、満足感を与える。報酬が利用者の参加継続の動機づけとなることを狙っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT