島民の3倍!佐賀「イノシシ島」に広がる悲惨

本土より離島の被害が深刻化しやすいワケ

イノシシ被害に頭を抱える離島が、佐賀県にあります(写真:紅いライオン / PIXTA)

唐津市の離島でイノシシ被害が深刻化している。

最も被害が大きいとみられるのが鎮西町の加唐島。15年ほど前、本土から泳いで渡ってきて繁殖し、今では300頭以上が生息しているという。これに対し島民は105人(8月末現在)と過疎化が進んでいるうえ、65歳以上が7割を占め、駆除する人手も欠く状況が続いている。

古代朝鮮の百済(くだら)国王「武寧王」の生誕伝説が残る同島。王が生まれたとされるオビヤ浦に向かう道路は、周辺の畑が荒らされた影響で、土砂崩れや落石が目立つ。

ここ5年で被害が深刻化

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

「イノシシがミミズや草の根を探して土をほじくり返すせいで、このありさま。メッシュ(金網)をしていない畑はみんなやられる」。島の区長、緒方正善さん(66)はため息をついた。

イノシシ被害が深刻化したのはここ5年ほど。今年3月、県や市、JAの担当者が南北3キロ、面積2・8平方キロの島内を調査、法面が崩れたり、畑が荒らされた状況などから300頭以上生息すると推計した。

荒らされる畑の多くは家庭菜園。カボチャやサツマイモなど、島民にとって貴重な食料が根こそぎ食べられている。「本土に買い物に行くにも船賃だけで往復1000円ぐらいかかるし、暮らしていくには畑の作物が欠かせない。でも、作っては食べられる状態が続けば、やる気もなくなる」と高齢の女性はつぶやく。

次ページ一向に駆除が進まない理由は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT