「カラスの被害」で、自動車保険は下りる? どこまで補償?損保大手2社に聞いてみた

拡大
縮小
ときに攻撃的なカラス。もしクルマを傷つけられてしまったら…?(写真:サトー/PIXTA)

島根県松江市の住宅街で、車のワイパーのゴムが引きちぎられるなどの被害が約40件相次いだ。誰がこんないたずらを――不審に思った警察の捜査で明らかになった犯人は「カラス」だった。引きちぎったゴムは巣作りに利用した可能性があるという。

報道によると、最初に被害が起きたのは今年の2月ごろ。被害届を受けた松江署がのべ約50人の捜査員を投入して捜査を進め、防犯カメラを設置するなど万全の体制で犯人を待ちかまえた。

カラスによる被害は自動車保険の対象になる?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

防犯カメラに、犯人の黒い影が映ったのは、5月下旬。車のボンネットにとまり、ワイパーをつつくカラスの姿が映し出されていた。目撃情報などの証拠もそろい、同署はワイパー破壊の犯人をカラスと断定。その後、被害は沈静化したが、地元自治会では来年の繁殖期も警戒するという。

この報道で気になるのは、野生動物によって車を破壊されたり、事故が起きた場合、自動車保険で修理費を補償してもらえるかという点だ。

ワイパーがカラスに破壊された場合、自動車保険でカバーされるのだろうか? 弁護士ドットコムニュースの記者が、大手損害保険会社2社に取材すると、「補償の対象となります」と、意外な答えが返ってきた。詳細は次のとおりだ。

「一般条件の車両保険であれば、偶然の事故として補償の対象となります。ワイパー破損のように、契約自動車が部分的に破損している場合には、実際にかかった修理費などから、自己負担額(免責金額)を差し引いた金額が支払われます」(A社)

次ページケガの治療費は支払われる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT