あなたは保険にカネを払いすぎていませんか

月10万円超を払う契約者の実態

世の中にたくさんある保険。あなたはいくら払っていますか(写真 : kou / PIXTA)

生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、収入保障保険――。いざというときに備えて加入する保険。だが、そんな保険におカネを払いすぎてはいないだろうか。

月3万円以内が大半だが…

週刊東洋経済2015年7月11日号(6日発売)の特集は『トクする保険 ソンする保険』です。保険を見直す簡単な方法や、相続・争族対策など保険の気になる今を52ページで総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

週刊東洋経済は7月11日号(6日発売)で『トクする保険 ソンする保険』という特集(全52ページ)を組んだ。その取材に関連して、東洋経済オンライン読者にアンケートを実施。毎月、どれぐらいの保険料を払っているかの実態を調べた。

有効回答数は1863人。毎月払っている保険料で、いちばん多かったのは1万円未満(29.1%)、次に多かったのが1万円以上2万円未満(28.7%)、3番目が2万円以上3万円未満だった。3万円未満で全体の75.6%を占めるが、10万円以上払っている人も全体の2%(37人)いた。

『トクする保険 ソンする保険』の取材に当たっては、ネットアンケートに回答を寄せた中で、東洋経済の個別取材に応じてくれた読者が6人いた。そのうち2人の談話を以下に紹介しよう。

1:都内在住Xさん(40代・男性 月額保険料1万円未満)

以前は、外資系のがん保険(10年更新型)に入っていたが、更新で保険料が激高になるので解約した。損保は自動車保険や火災保険に入っているが、生保は何も入っていない。都道府県民共済に月4000円の掛け金を払っているが3割くらいの割戻金があるので、実質は月2000円台後半の負担だ。

「会ってくれただけでポイント(何のポイントかは不明)をあげるから」と言われ、興味本位でライフプランナーに喫茶店で会ったこともある。そのときは「共済よりいい条件の保険があるなら乗り換えてあげてもいいよ」と言ったらどん引きされた。「共済よりいいのがあったら」と言うと、100%引きますね。

次ページ取材に応じてくれた2人の事例
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT