あなたは保険にカネを払いすぎていませんか

月10万円超を払う契約者の実態

世の中にたくさんある保険。あなたはいくら払っていますか(写真 : kou / PIXTA)

生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、収入保障保険――。いざというときに備えて加入する保険。だが、そんな保険におカネを払いすぎてはいないだろうか。

月3万円以内が大半だが…

週刊東洋経済2015年7月11日号(6日発売)の特集は『トクする保険 ソンする保険』です。保険を見直す簡単な方法や、相続・争族対策など保険の気になる今を52ページで総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

週刊東洋経済は7月11日号(6日発売)で『トクする保険 ソンする保険』という特集(全52ページ)を組んだ。その取材に関連して、東洋経済オンライン読者にアンケートを実施。毎月、どれぐらいの保険料を払っているかの実態を調べた。

有効回答数は1863人。毎月払っている保険料で、いちばん多かったのは1万円未満(29.1%)、次に多かったのが1万円以上2万円未満(28.7%)、3番目が2万円以上3万円未満だった。3万円未満で全体の75.6%を占めるが、10万円以上払っている人も全体の2%(37人)いた。

『トクする保険 ソンする保険』の取材に当たっては、ネットアンケートに回答を寄せた中で、東洋経済の個別取材に応じてくれた読者が6人いた。そのうち2人の談話を以下に紹介しよう。

1:都内在住Xさん(40代・男性 月額保険料1万円未満)

以前は、外資系のがん保険(10年更新型)に入っていたが、更新で保険料が激高になるので解約した。損保は自動車保険や火災保険に入っているが、生保は何も入っていない。都道府県民共済に月4000円の掛け金を払っているが3割くらいの割戻金があるので、実質は月2000円台後半の負担だ。

「会ってくれただけでポイント(何のポイントかは不明)をあげるから」と言われ、興味本位でライフプランナーに喫茶店で会ったこともある。そのときは「共済よりいい条件の保険があるなら乗り換えてあげてもいいよ」と言ったらどん引きされた。「共済よりいいのがあったら」と言うと、100%引きますね。

次ページ取材に応じてくれた2人の事例
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。