あなたは保険にカネを払いすぎていませんか

月10万円超を払う契約者の実態

世の中にたくさんある保険。あなたはいくら払っていますか(写真 : kou / PIXTA)

生命保険、医療保険、がん保険、自動車保険、収入保障保険――。いざというときに備えて加入する保険。だが、そんな保険におカネを払いすぎてはいないだろうか。

月3万円以内が大半だが…

週刊東洋経済2015年7月11日号(6日発売)の特集は『トクする保険 ソンする保険』です。保険を見直す簡単な方法や、相続・争族対策など保険の気になる今を52ページで総まくりしました。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

週刊東洋経済は7月11日号(6日発売)で『トクする保険 ソンする保険』という特集(全52ページ)を組んだ。その取材に関連して、東洋経済オンライン読者にアンケートを実施。毎月、どれぐらいの保険料を払っているかの実態を調べた。

有効回答数は1863人。毎月払っている保険料で、いちばん多かったのは1万円未満(29.1%)、次に多かったのが1万円以上2万円未満(28.7%)、3番目が2万円以上3万円未満だった。3万円未満で全体の75.6%を占めるが、10万円以上払っている人も全体の2%(37人)いた。

『トクする保険 ソンする保険』の取材に当たっては、ネットアンケートに回答を寄せた中で、東洋経済の個別取材に応じてくれた読者が6人いた。そのうち2人の談話を以下に紹介しよう。

1:都内在住Xさん(40代・男性 月額保険料1万円未満)

以前は、外資系のがん保険(10年更新型)に入っていたが、更新で保険料が激高になるので解約した。損保は自動車保険や火災保険に入っているが、生保は何も入っていない。都道府県民共済に月4000円の掛け金を払っているが3割くらいの割戻金があるので、実質は月2000円台後半の負担だ。

「会ってくれただけでポイント(何のポイントかは不明)をあげるから」と言われ、興味本位でライフプランナーに喫茶店で会ったこともある。そのときは「共済よりいい条件の保険があるなら乗り換えてあげてもいいよ」と言ったらどん引きされた。「共済よりいいのがあったら」と言うと、100%引きますね。

次ページ取材に応じてくれた2人の事例
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。