島民の3倍!佐賀「イノシシ島」に広がる悲惨 本土より離島の被害が深刻化しやすいワケ

拡大
縮小
島内はイノシシ被害で、崩れた法面も多い(唐津市鎮西町加唐島)

イノシシはもともと夜行性だが、島内での「数的優位」を誇ってか、日中にうろつく姿も。島北部に住んでいたという別の女性は、イノシシ被害による落石で家のサッシが壊れたという。「もうここには住めない」と実家がある島南部に身を寄せた。住む場所まで追われる事態が起きている。

離島が本土以上に被害が深刻なのは理由がある。狭い島では住民や釣り客への安全上の配慮から猟銃での駆除はできず、打てる手は仕掛けで誘い込む「箱わな」による捕獲だけ。

加唐島でも年30~50頭を箱わなで捕らえているが、1回4~5頭、年2回出産するイノシシの繁殖力には追いつかないのが実情だ。

島の人口は過去10年で半減

畑への侵入を防ぐ自衛手段も金網で畑を囲い込むしかなく、県は2年前から家庭菜園にもワイヤメッシュ整備奨励の補助金を始めた。馬渡島や神集島など市内のほかの離島と比べ、メッシュ整備の補助制度活用が少ない加唐島に対し、市は利用を呼びかける。

ただ、加唐島は住民の7割が65歳以上という「超高齢化」の島。一本釣りを中心にした漁業が基幹産業だったが、燃油高騰や魚価低迷などで、新たな職を求めて島を後にする若者も多い。島の人口はこの10年間でほぼ半減した。

「高齢化が進み、駆除の担い手は限られている。しかし、今あきらめてしまったら、10年後はもっと大変になる」と緒方さん。イノシシが“わがもの顔”で闊歩(かっぽ)する現状に歯止めがかけられるか、島民の苦悩は続く。

■唐津市のイノシシ被害
2014年度の有害鳥獣による農作物の被害金額は計7373万円。うち、イノシシが3576万円、サルが1492万円、アナグマ1239万円、カラス562万円、その他504万円で、イノシシが約半数を占める。コメやかんきつ類の被害が目立つ。捕獲数は年平均(12~14年度)3730頭。うち、市内の七つの離島が216頭で、神集島、馬渡島、加唐島、小川島で多い。

 

佐賀新聞LIVEの関連記事
唐津市中心部で男性がイノシシにかまれる
イノシシ騒動厳戒 唐津市大志小、登下校見守り
鳥獣対策、報奨金が威力 捕獲倍増、被害4分の1

佐賀新聞LIVE

佐賀 県内のニュースや全国・世界の政治・経済・スポーツニュースなどを幅広く報道しています。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT