新卒採用担当者は肯定的な反応、東京大学「秋入学に全面移行」に関する緊急アンケート

 

●過半数がギャップタームを評価

秋入学では、「ギャップターム」(ギャップイヤー)が問題になる。高校を春に卒業し、秋に入学するとなると、空白の半年間が生まれる。この期間がギャップタームだ。現在の論議では、学生がボランティア活動、企業インターンシップ(就業体験)、海外留学などを経験することが期待されている。そういうギャップタームでの経験を企業はどう評価しているのだろうか?

全体では選考時に「参考にする」企業は58%と、6割近い企業がギャップタームの経験を評価している。「参考にしない」は19%しかない。

規模別で見ると、1~300名、301~1000名の企業は、いずれも6割が「参考にする」と積極的なのに対し、1001名以上の企業は50%にとどまっている。

ギャップタームについては「好ましい過ごし方」についても質問している。主な回答を列挙すると、インターンシップ、短期留学、資格取得、旅行、アルバイト、社会奉仕活動(ボランティア)などだ。

「大学生の学力の低下が激しいので、高校までの教育の補強に努めてほしい。と考えています。半年あれば、かなりの勉強ができると思います。大卒の低学力者は、社会では通用しませんので、今のように低学力のまま、社会に出される大学生は気の毒です」という意見もある。多くの大学では学生の学力不足が深刻だから、入学前にリメディアル(再履修)教育を施すのもよい知恵だろう。

図表9

 

図表10

※ギャップタームの活動履歴を採用選考時に参考にすると思うか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。