新卒採用担当者は肯定的な反応、東京大学「秋入学に全面移行」に関する緊急アンケート

 

●「秋入学」への移行で、大企業は「統一ルール」を支持

秋入学で最も気になるのは、移行がどのように行われるかだ。個々ばらばらなのか、文部科学省による統一ルールに基づいて実施されるのか。そしてどちらが好ましいのか。
人事担当者の多数派は「全大学が統一ルールで運用すべきだと思う」だ。49%と半数を占めている。「個々の大学の判断によって検討すればよいと思う」は39%にとどまっている。その差は10%である。

しかし企業規模別で見ると、「統一ルール」を底上げしているのは1001名以上の大企業である。「統一ルールで運用」は63%を占め、「個々の大学の判断」は32%と大きな差がある。

1~300名、301~1000名の規模では、「統一ルール」も「個々の大学の判断」も40%台と拮抗している。

図表3

 

図表4

※「秋入学への移行」の運用についてはどう思うか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。