新卒採用担当者は肯定的な反応、東京大学「秋入学に全面移行」に関する緊急アンケート

 

●選考試験は「2回」が多いが、流動的

秋入学が導入されるにしても、一斉移行はなく、春入学(卒業)の大学と秋入学(卒業)の大学に分かれる公算が大きい。企業の選考試験はどうなるのだろうか。

そんな先のことはまだ「わからない」という企業は多く、全体では38%が「わからない」、1~300名の規模では42%が「わからない」としている。しかし、1001名以上の大企業では「2回」の選考試験を行う企業が42%もある。中堅・中小企業では36%と37%だから、少し多い。

「1回」は301~1000名では31%あるが、大企業や中小企業では20%を少し超える程度。卒業時期に合わせた2回の選考試験が多数派だ。ただし、論議は始まったばかりであり、流動的だ。

図表5

 

図表6

※春卒業者と秋卒業者に分かれた場合、選考試験を2回に分けて行うと思うか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。