新卒採用担当者は肯定的な反応、東京大学「秋入学に全面移行」に関する緊急アンケート

 

●大企業と中小企業は入社時期「2回」

次に知りたいのは「入社時期」だ。「わからない」が30%あるものの、2回に「できる」と思う企業は全体で41%と、「できない」(29%)よりも多い。

「秋入学」についてはどの質問項目でも企業規模で考えが異なるが、「入社時期」でも規模の差が大きい。1001名以上の規模では53%が「できる」と答え、「できない」は26%と少ない。301~1000名になると割合が逆転し、「できない」37%、「できる」27%だ。
ところが1~300名になると、再度割合が逆転し、「できる」45%、「できない」25%である。大企業は体力があり、中小企業は柔軟さがあるので、2回入社を受け入れられるということかもしれない。

図表7

 

図表8

※入社時期を2回に分けて新入社員を受け入れることはできると思うか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。