新卒採用担当者は肯定的な反応、東京大学「秋入学に全面移行」に関する緊急アンケート

 

●大企業と中小企業は入社時期「2回」

次に知りたいのは「入社時期」だ。「わからない」が30%あるものの、2回に「できる」と思う企業は全体で41%と、「できない」(29%)よりも多い。

「秋入学」についてはどの質問項目でも企業規模で考えが異なるが、「入社時期」でも規模の差が大きい。1001名以上の規模では53%が「できる」と答え、「できない」は26%と少ない。301~1000名になると割合が逆転し、「できない」37%、「できる」27%だ。
ところが1~300名になると、再度割合が逆転し、「できる」45%、「できない」25%である。大企業は体力があり、中小企業は柔軟さがあるので、2回入社を受け入れられるということかもしれない。

図表7

 

図表8

※入社時期を2回に分けて新入社員を受け入れることはできると思うか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。