ラグビー、日本が世界ランク11位に浮上

南アフリカは6位に後退

9月21日、ラグビーの2015年W杯イングランド大会、1次リーグB組初戦で強豪南アフリカを下した日本(写真)は、最新の世界ランキングで13位から11位に浮上した。英国ブライトンで19日撮影(2015年 ロイター)

[カーディフ 21日 ロイター] - ラグビーの2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会、1次リーグB組初戦で強豪南アフリカを下した日本は、21日に発表された最新の世界ランキングで13位から11位に浮上した。

19日の試合で日本に敗れた南アフリカは3位から6位に後退。レーティングが導入された2003年以降、最も低いランキングとなった。

23日に日本と対戦するスコットランドは10位から12位に下がった。

ニュージーランドの1位、オーストラリアの2位は変わらず。イングランドが3位に浮上した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。