ラグビー19年W杯、開催国日本は予選免除に

自動的に本大会へ出場

 9月18日、ラグビーの国際統括機関、ワールドラグビーは、2019年W杯の開催国である日本は予選を免除され、自動的に本大会へ出場すると発表した。写真は2015年W杯イングランド大会に出場する日本チームの面々。東京で8月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[ロンドン 18日 ロイター] - ラグビーの国際統括機関、ワールドラグビー(WR)は18日、2019年ワールドカップ(W杯)の開催国である日本は予選を免除され、自動的に本大会へ出場すると発表した。ことしのW杯イングランド大会での上位3チームが2019年大会への出場権を獲得。

次に2016年から始まる地区予選で7─8チームの出場が決まり、その後、新たに導入される4チームによる敗者復活トーナメントで最後の1枠を争う。

WRのラパセ会長は声明で、「日本はこれまでW杯全大会に出場しており、19年大会で予選があっても通過するだろう」と述べ、この決定によって日本は自国開催の大会に向け、代表チームを確実に準備できるとの考えを示した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。