ラグビーW杯開幕!日本人が知らない熱狂

次期開催国の日本が改善すべき点とは?

日本代表は英国入り後の調整は順調だという(ブリストルにて、筆者撮影)

9月18日夜(現地時間)、4年に1度のラグビーの祭典、ラグビーワールドカップ(W杯)イングランド大会が開幕する。

1987年に始まったW杯は今回で8回目。いずれの大会も、南半球の強豪と欧州の伝統国がぶつかり合う、という図式で争われて来た。大会初となるニュージーランドの連覇なるか、それとも地元開催となるイングランドがラグビー発祥国の意地をかけ2度目の栄冠に輝くのか、44日間にわたる大会から目が離せない。

英国ではW杯に合わせて、観光プロモーションも積極的に行っている。日本を含む各国のサポーターに対し、国のPRを図る絶好の機会だからだ。今回は、スポーツ観光先進国の取り組みを見ていくことで、2019年の日本大会に向けた課題を論じていきたい。

日本で無名だったラグビーW杯

日本では残念ながらラグビーW杯の存在はこれまであまり知られていなかった。おそらく大半の方々は「新国立競技場の建設問題」で初めてその名に触れたのではないだろうか。次期2019年大会の開催国が日本なのに、である。

日本代表はアジアの最強国として過去全大会に出場しているが、残念ながら過去の戦歴は振るわない。今回の大会では「次期開催国」としての意地をかけ、ベスト8進出という壮大な目標を設定。2003年大会で準優勝となった豪州代表を率い、自身の母と妻が日本人というエディー・ジョーンズ氏をヘッドコーチに据え、日夜激しい練習に励んできた。日本代表のW杯初戦は開幕翌日の9月19日。対戦相手は南アフリカ代表で、開催場所はイングランド南部のリゾートの街・ブライトン。その後3週間をかけて予選リーグ全4試合を戦う。

今回のイングランド大会に合わせ、日本ラグビーワールドカップ2019組織委員会も、アピールに余念がない。ロンドン・ウェストミンスターの「ビッグベン」にも近い会議施設で、アジア初のラグビーW杯開催をPRする「ジャパンパビリオン」を設営。日本の観光地や料理、アトラクションなどを紹介するという。

次ページチケット総販売数は240万枚、定員9万超の会場も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。