新国立競技場、船頭なき"大艦"の視界不良

なぜ建設費が2520億円に膨らんだのか

旧国立競技場が取り壊された新国立競技場の建設予定地。かつて観客席を支えた5000~1万本のコンクリート製の杭が地中に残っている(撮影:尾形文繁)

2019年のラグビーワールドカップ(W杯)と翌年の東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる、新国立競技場。賛否両論が渦巻く中、予定どおり、2012年11月のコンペで選ばれた、ザハ・ハディド氏のデザインに基づく設計で進められることが6月29日に決定した。

しかし、問題は山積みだ。完成予定の2019年5月まで、このまますんなりと工事が進むとは考えられない。

建設費はなぜ膨らんだのか

まず、2520億円という高額な建設費がネックとなる。コンペが行われた際の建設予算は1300億円。ところが、長い導入路を持つ巨大なザハ氏のデザインの建設費を、日本スポーツ振興センター(JSC)が試算してみると、3000億円まで膨らんだ。

そこで、ザハ氏のコンセプトを残し規模を縮小。昨年5月には1625億円という見積もりが出たものの、建築を請け負うゼネコンから「その金額では工事を請け負えない」との意見が出され、最終的に今回の額で建築契約が交わされることになった。

直近6回の夏季五輪開催都市(1996年のアトランタから2016年のリオ・デ・ジャネイロ)のメインスタジアム建設費(220億~620億円)と比べると、この金額がいかに莫大かは明らかだ。

原因は、ザハ氏のデザインした2本のキールアーチにある。キールとは、船の底の中央を船首から船尾まで通る「竜骨」と呼ばれる主要材のこと。それを上下逆にして地上に据え、建築物を支えるのがキールアーチだ。

次ページキールアーチにいくら掛かるのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。