「恋仲」なぜ最悪のスタートから持ち直せたか

フジテレビが採った「ゆるさ」と「引き算」

ただ不運だったのは、あかりというキャラクターもまた引き算の発想で描かれていたこと。「2人のイケメンから愛される」という図式は、昨年ヒットし、福士蒼汰も出演した『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)と同じですが、綾瀬はるかが演じた花笑は悩みや笑いなどの共感できる部分を持ち合わせていた一方、『恋仲』のあかりは、どん底時代などの苦労がほとんど描かれず、「ただただモテるかわいい子」の印象にとどまっていたのです。

あかりは最後まで「愛情を与えられる」側であり、「愛情を与える」側にはなりませんでしたが、これもラブストーリーの王道。スパッと潔く決断できるのはお仕事ドラマのヒロインで、ラブストーリーのヒロインは「なかなか選べない」と迷わなければ成立しにくいのです。

「ドラマ性よりも視聴率」の最終策

最後に、どうしても触れておきたいのは、最終回をめぐるさまざまな仕掛け。「結末を変えた」という扇動的なコメント、生放送パートの導入、ツイッターの連動企画、「リアルタイムで見て」のあからさまなリクエスト、AKB48指原莉乃の緊急投入など、あからさまな視聴率アップ狙いの策は、ある程度の数字を稼いだ一方で、一部視聴者からの嫌悪感を招きました。

その理由は、これらの策がドラマ性を放棄するようなものであり、視聴者を「醒めさせる」ものだから。「結果を残そう」とする若い制作陣の必死さは理解できますが、なぜここまでの多くの策が必要だったのでしょうか? もちろん視聴率は欲しいとして、それ以外の側面として考えられるのは、超ソフトランディングの脚本。最終回は「どちらを選ぶか?」以外のドラマ性がまったくない筋書きだっただけに、視聴者を引きつけるための策が必要だったのかもしれません。

若いスタッフが、若いキャストを使って、若い視聴者を狙った『恋仲』。ネットでの仕掛けこそ若い視聴者向けでしたが、ドラマ内の胸キュンシーンは「憧れる」と「ありえない」の賛否両論でした。むしろ、懐かしさやリアルさを感じるものとして支持していたのは、30~40代。改めて若年層マーケティングの難しさを実感するとともに、1990年代のような「全世代が見るラブストーリー」の登場を期待したいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • トランプ派メディアの実態
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。