就活後半戦は、「ハローワーク」を活用せよ

内定率が高くても焦りは禁物

8月27日、東京労働局主催の「学生のための合同企業説明会」が開催された

8月1日に2016年卒の採用選考が解禁されてから1カ月以上が経過したが、学生の就職活動はまだ続いている。リクルートキャリアの調査によると、8月1日時点での内定率は65.3%。2015年卒の選考解禁日(4月1日)の内定率18.5%と比較すると、今年は異常に高い。8月15日時点では1日から5.3ポイント上昇して70.6%となっており、かなり早いペースで選考が進んでいることがわかる。しかし、その一方で、1社も内定が取れずに就活中の学生もいる。さらに、内定取得者の38.2%は就活を続けている。

就活全般は早いペースで進んでいるが、就職を希望する学生の半数以上は就活継続中だ。就活期間が長引き、学生達は疲れ果てているが、これからチャンスはあるのだろうか。8月15日時点で70.6%と聞き、早くも今年中の就職をあきらめて、就職浪人を検討する学生もいるようだ。

ハローワークも新卒の就活を支援

青山学院大学では8月31日から大手企業中心に20社以上の企業説明会を行った。予定採用数を確保できない大手企業が、学内での説明会を強く要望しているようだ。

東洋大学でもいまだに求人票を持ちこむ企業が多いため、採用意欲の高い企業を招いて、随時、説明会を開催する予定だ。各大学では就活中の学生をフォローするためにいろいろな手段を講じている。

次ページハローワークの合同説明会の特徴とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT