急成長するキヤノンのインド事業--キヤノン・インディア小西賢作社長に聞く

急成長するキヤノンのインド事業--キヤノン・インディア小西賢作社長に聞く

平均35%成長と業績が拡大しているキヤノンのインド法人。同社は通常チャネルに加え、専売店「キヤノン・イメージング・スクエア」の出店を拡大、昨年11月に1号店を出店、今年中に50店、来年には120~130店になる。販路を拡大して利益成長を続ける、この勢いを支えるのが現地の組織力。

同社は、人事コンサルティング会社エーオン・ヒューイットが発表する「ベストエンプロイヤーズインディア25」にランキングされるなど、人事・組織で成功するインド進出日系企業の代表でもある。

須貝信一ネクストマーケット・リサーチ代表が、キヤノン・インディア小西賢作社長(下写真)にデリー近郊グルガオンの本社オフィスにてインタビューした。

--キヤノン・インディアの概要と業績などを教えてください。

 当社ではカメラ、プリンタ、複写機の3つを売っています。2010年の売り上げは124億ルピーまで行きました。前年比49%増です。今年はさすがに成長が鈍化して、おそらく155億~160億ルピー、前年比25%くらいの成長見込みです。過去5年、平均年率35%成長になっています。中長期的には、現在のキヤノンの全売り上げの1%から、15年までに2%に、20年までに5%にしていくつもりです。

※1ルピー=約1.5円

--消費者としてのインド人の特徴があれば、教えてください。

やはりブランド志向が強いです。最初から買うものを決めてショッピングすることが多い。また、先進国型の消費をするところがあります。インドでは中小都市にもショッピングモールができて、現在は600~700くらいのモールができていると言われています。

3年くらい前までは、ウインドウ・ショッピングばかりでしたが、最近は商品を購入するようになってきています。今、拡大している専売店ではデモ機を用意して実際触れるようにすることで売り上げが上がります。実際、売れ筋価格帯が一般小売店より3割程度高くなるんです。従来は小さいお店しかなく、安いものしか売れませんでしたが、高いものも売れるようになってきている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT