急成長するキヤノンのインド事業--キヤノン・インディア小西賢作社長に聞く

 

--どこが共通するところなのかを見ていく必要があるということですね。キヤノン・インディアでは製造拠点を持っていませんが、インド特有の労務上の問題、たとえばカーストなど何かありますか。インド人組織を構築していくうえで何か苦労はありましたか?

カーストの問題とかは、心の中の本音でいえばあるわけですが、ビジネス上では全く気にしませんし、気にしてはいけないと思っています。

--従業員のモラール維持には何が大事ですか?

できるだけデータは公開して、シェアしています。常に成長戦略を見せて提示する、シェアしていくことが大事です。

--離職率は?

10~12%程度ですが、これは他の企業と比較すると低いです。人事コンサルティング会社エーオン・ヒューイットが発表する「ベストエンプロイヤーズインディア25」というのがありまして、実はその16位に入りました。エーオン・ヒューイットが会社のインタビュー、調査などして評価しているものですが、その選ばれた25社の中で「最も小さい会社」でしたが、うれしかったですね。
(参考URL:
http://was2.hewitt.com/bestemployers/apac/english/pages/results2011_india.htm)

--社員にとって働きやすい。それは誇れることですね。やはり、従業員は自社で働くことにブランドを感じているんでしょうか?

そうですね、やっぱりキヤノンで働いていることに誇りを持っているということもあると思います。世界の中で大きいということもあるし、インドの中でステータスを持っているということもあるし、その両方は確かにあると思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング