最近よく聞く「ジェンダーレス」って何だ?

ファッション界はネコも杓子も夢中

いま米国の多くのファッションデザイナーたちが、中性的なルックスのモデルを起用するなどし、男女の服の境界線を消そうとしている(写真:Christelle de Castro/The New York Times)

デザイナーのキンバリー・ウェッソンは、いつも着ているパンツと前ボタンのシャツを脱いで花柄のワンピースを着ると、何かが違うように感じる。

「他人の服を着ているような気がする」と、ウェッソンはニューヨークのマンハッタンにある自分のスタジオで、冷えたロゼのワインを飲みながら言った。

そのウェッソンとビジネスパートナーのエイミー・チョーは、自分たちの信念をジェンダーレス(男女兼用)のファッションレーベル「1.61」に注ぎ込んだ。1年ほど前にできたこのファッションレーベルは、ゆったりとしたパンツやスワガーコート(肩からフレアーの入ったコート)、オーバーサイズのシャツなど、ウェッソンとチョーがいつも着ているようなアイテムで構成され、男性と女性の両方に向けて多様なサイズを展開している。

男女の境界線を消そうとするデザイナー

彼女たちのほかにも大勢のデザイナーが、性別による違いが少なく、男女の境界があいまいな最新のトレンドを取り入れている。こうしたファッションは、リック・オウエンスやグッチのアレッサンドロ・ミケーレら、トップクラスのデザイナーのこの春のショーで見られた。2人とも、以前は明確だった男女の服の境界線を消すのに夢中になっている。

「5年前は、こうしたファッションはまだ受け入れられなかった」と話すのは、ニューヨークのハワードストリートにある先端的なショップ「オープニング・セレモニー」の創設者、ウンベルト・レオンだ。同店は以前から、性別にこだわらないファッションを提案してきた。彼は「いまでは、このトレンドがファッションレーベルになっている。そして、一般の人たちに受け入れられるようになった」と言う。

百貨店のニーマンマーカスのファッション・ディレクター、ケン・ダウニングはもっと熱く語る。

「私たちがいま目にしているのは、ファッションの劇的な変化だ。境界線のないスタイル、若者の服の着方を反映したようなスタイルが、幅広く受け入れられるようになっている」。

次ページ若いデザイナーも同様の考え
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。