仕掛け人が語る「THIS IS IT」大ヒットの裏側 素人が作った「マイケル・ジャクソン」ブーム

印刷
A
A

彼らの言い分は、こうだ。自分たちが商品を卸す先は、レコード店やレンタルショップだ。そこの販売キャパシティは30万枚くらいしかない。女性やお年寄り、子どもたちにも売ることができればいいが、そもそも彼らはレコード店やレンタルショップにはあまり来ない。だから無理である、と。しかし、彼らの観ている世界と私が観ている世界は違った。

私は、前職でアディダスジャパンの営業統括本部長をしていたのだが、そのときのツテを使い、スポーツ用品店にアポを取った。そして数店と交渉し、あっという間に30万枚以上の受注を取り付けた。これですでに、業界のベテランたちが「30万枚が妥当」と言っていた数の2倍の受注数である。彼らの私を見る目がガラッと変わったのは、言うまでもない。

スポーツ用品店でマイケル・ジャクソンが売れた理由

DVD業界のベテランからすれば「なぜスポーツ用品店がマイケル・ジャクソンのDVDを仕入れてくれるのか」「なぜそこで売れるのか」が不思議だっただろう。しかし、業界の常識に縛られずに考えれば、実はそう不思議なことではない。

アディダスジャパンで営業をしていた私は、当時スポーツ用品店が、ある悩みを抱えていることを知っていた。それは、学校の部活帰りの男子だけではなく、女性も顧客として取り込みたい、という悩みだ。私は、こう提案したのだ。

「『THIS IS IT』には、バックダンサーが練習着で踊っている映像がずっと映っています。彼らが着用しているのは、ナイキであり、アディダスです。『THIS IS IT』のブームを作れば、ダンスが好きな女性客にアプローチできますよ。しかも女性はひとりで何枚もウエアを買うし、季節ごとにも買ってくれます」

スポーツ用品店のほかにも私は、従来なら考えられない業界の常識破りとも言える販路を次々と開拓し、同時にプロモーションを仕掛け、日本に一大『THIS IS IT』ブームを巻き起こした。

業界のプロからすれば、よそ者の素人の意見など検討するに値しない、と思いがちである。しかし、素人だから見えること、よそ者だからできることもあるのだ。

業界のプロが「せいぜい35万枚」といった『THIS IS IT』は、200万枚を超える大ヒット商品となり、現在もさまざまなパッケージとなって売れ続けている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT