「多角化」戦略を加速する富士フイルム、液晶フィルムや化粧品に資源投入

「多角化」戦略を加速する富士フイルム、液晶フィルムや化粧品に資源投入

富士フイルムホールディングスはデジタルカメラの新分野に参入する。10月5日に都内で開催した新製品発表の会見で、「来年春までにミラーレス一眼カメラを投入する」と発表した。

一眼レフからミラー部分を取り除いた構造を採用するミラーレスカメラは、目下成長が著しい。国内では今や、一眼レフ市場に占める比率が4割を超える。同社はこの成長分野に参入することにより、カメラ事業の底上げを狙う。

両翼戦略--。富士フイルムのカメラ事業はしばしばそう評される。コンパクトデジカメは価格帯が3万~4万円に集中するのが一般的。が、同社の製品は1万円以下から12万円までと、まさに両翼に価格の幅を広げる。

新興国を中心に展開するのが「100ドルカメラ」と呼ばれる低価格デジカメ。画像加工やスライド機能などの付加機能をそぎ落とした。一方で、価格10万円以上の高級コンパクトデジカメも手掛ける。

今年3月に発売した「X100」は価格12万円と高額ながら、販売は年間計画の10万台を上回る勢いだ。「値段が高くても性能さえよければ、ユーザーに支持される」と、古森重隆社長は語る。

過去2回の“大ナタ” 事業構造を大幅に転換

同社はこの10年間、事業の多角化を進めてきた。かつて全社売り上げの50%以上を占めていた写真フィルム事業は、デジカメ登場とともに下降線をたどった。現在は化粧品や液晶フィルムを軸とする「インフォメーション事業」、2001年に連結化した富士ゼロックスが担う複合機などの「ドキュメント事業」、そしてデジカメなどの「イメージング事業」が柱だ。

多角化推進と同時に、2度にわたる大規模なリストラも実施した。最初は05年。業績悪化に伴い写真事業にメスを入れ、人員5000人を削減。加えて、国内外の写真現像所拠点を統廃合した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT