マウスで成功したアルツハイマー根治--『老いを遅らせる薬』を書いた石浦章一氏(東京大学大学院教授、分子生物学者)に聞く

ただし、もともとぼけやすい人は、動脈硬化になりやすい人と同様にいる。その体質は遺伝で決まっている。今やゲノムがわかってきて、遺伝の寄与が意外に大きいことがわかってきた。特にぼけに関しては遺伝子が大きな役割を果たしている。だから、日本でも遺伝子診断の是非の議論を早急に詰めていくべきだ。

──薬に頼る部分も大きい……。

病気を問わず、薬の飲み方は大事だ。薬は飲むと8~9割が肝臓を通過する。注射した薬でも同じだ。絶対に飲みすぎてはいけないが、効かないレベルの量を飲んでも仕方がない。ちょうど効く量にしないと。そして朝昼晩と指示されたら順守する。1回抜くだけでガクッと効果が下がる。主要な外国では子どもたちに薬学教育をしている。日本でも「薬育」は必修の必要があるのではないか。

いしうら・しょういち
1950年石川県生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業、同大学院理学系研究科博士課程修了。国立精神・神経センター神経研究所、同大学分子細胞生物学研究所を経て、同大学院総合文化研究科教授。専門は神経生化学、分子認知科学。人間の知能や性格、感情の分子レベルの解明を目指す。

(聞き手:塚田紀史 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『老いを遅らせる薬』 PHP新書 756円 206ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT