マウスで成功したアルツハイマー根治--『老いを遅らせる薬』を書いた石浦章一氏(東京大学大学院教授、分子生物学者)に聞く

アルツハイマー病では脳の前頭葉に老人斑がたまり、神経細胞が死ぬ。神経細胞が減ることでぼけが起こる。前頭葉以外には初めのうちはたまらないから、徘徊したりする。運動神経をつかさどる部分にはたまっていない。進行すると脳全体にたまってきて運動もできなくなり、寝たきりになってしまう。

──パーキンソン病は運動神経から始まります。

まず手が震える病気。アルツハイマー病とは違い、手の細かい運動をつかさどる神経細胞が死ぬ。しかし、普通の知的機能に関係しているところは、最初はまったく問題がないので、ぼけたりはしない。ひどくなってくると影響が出てきてぼけ症状も見えてくる。パーキンソン病の場合は二次的に前頭葉がダメになる。

──治療法は。

これは難しい。なぜパーキンソン病になるか、原因ははっきりわかっていない。1817年に発見されているのに不思議な話だ。だから、なりやすい人、なりにくい人もアルツハイマー病ほどにはわかっていない。ただ、家族性、つまり遺伝のパーキンソン病が10~20%程度出現する。

そのため、治療薬をどう作ったらいいかもはっきりしない。確かに中枢神経系の神経伝達物質ドーパミンでよくなることは臨床的にわかっていて、治療薬としてドーパミンアゴニストとL−ドーパが使われる。ただ、それも常用しているうちにだんだん効かなくなり、その量を増やしていかざるをえない。歳を取って効かなくなっては一層困るので、違う薬が試されたりしているが、決定打はない。

──どうしたらぼけない?

実ははっきりしている。毎日運動をする、食べ物に気をつける。この2点を心掛けることだ。最近はサプリメントに頼りがちだが、普通の暮らしをしていれば、足りなくなるものは基本的にない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT