“お家騒動”克服「あきんどスシロー」に学ぶ再生術

値下げ路線を修正、ブランド価値を再構築

 

あきんどスシローとユニゾンは、利益捻出より先に、ブランド価値を見直したことが、復活への糸口となった。他社が不採算店の整理や事業売却に追われ、企業価値の再認識を怠る一方で、外部の人的リソースを活用し、社内の人間も気づかなかった潜在的な強みを引き出したことで、今日の成功に至ったといえる。

ただ、今後も競合他社を引き離せるか、楽観はできない。「スシロー」の持つ強みに迫ろうと、「くら寿司」は地場の漁協と提携したフェアを展開、「かっぱ寿司」はネタの増量に踏み切った。現在大手3社で1000店弱を展開しており、今後は出店余地も限られてくる。

「既存大手の空白地帯である北海道、九州などは100円均一ではない地場のグルメ系チェーンが強く、対抗していくのは容易ではない」(米川伸生・日本回転寿司協会専務理事)との指摘もある。

株式売却のタイミングを計るユニゾンも、早晩頼れる存在ではなくなる。その先、どれだけすしの原点を進化させていけるのか。職人集団の本当の出番がやってくる。(敬称略)

(二階堂遼馬 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2011年10月15日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT