株式市場が崩れても、おカネを増やす方法

投資する前に覚えておきたい大切なこと

藤野 今、世界の株式市場のPERは16倍前後ですよね。

中野 何倍をもって割高というのかって、よくセミナーなどで質問されますが、実際、何倍くらいがリーズナブルなのでしょう。

藤野 1989年の平成バブルのピーク時で、日本株の平均PERは約80倍だったのですが、ここまでは買われないでしょう。当時に比べて株式市場のグローバル化が進みましたからね。1990年代の後半にインターネットが普及して、情報とおカネが瞬時に国境を越えるようになり、かつ国際会計基準が導入されたことで、デタラメな理由で買い上げられることがなくなりました。

中野 バブル当時の会計は取得原価主義でしたから、莫大な不動産の評価益も織り込んで、株価が実体以上に値上がりしていましたよね。

株価はまだ「割高」とはいえない

藤野 グローバルでつながっているから、PERが80倍まで買われることがない反面、16倍のPERが8倍になるまで売られることもないでしょう。マーケットは比較的冷静です。世界的に見れば、株価の上昇余地はまだあると見ています。つまり、バリュエーションからすれば、まだそれほど割高ではない。

渋澤 PERを日米欧で比べると、米国が高い傾向があり、日本は低い傾向がある。これって、日本の投資家が、いまだに現預金や債券投資への志向があって、自国の企業の株式に投資することに消極的だから、低いままなのかな。

中野 PERだけで株価を語るのはどうなのでしょうか。むしろPBR(株価純資産倍率)の方を重視するべきでは?

渋澤 でも、Bが本当のブックバリュー、つまり、会計的価値がきちんと企業の価値を表しているのかどうかという問題はありますよね。現に、PBRが1倍を割り込んでいる銘柄がたくさんあります。それは、変な話、会社で働いている経営者や従業員が企業価値に対してマイナス要因になっているということになりますね。多くの投資家が、会計的なBという価値を信じていない証拠ではないでしょうか。

次ページなぜ日本のPBRは欧米に比べ低いのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。