そろそろ株を買ってよい?まだ見送るべき?

魏の曹操が語った「ケイロク」をご存知ですか

中国・天津の爆発現場。中国経済にボディブローのようにきいてくる(写真:Imaginechina/アフロ)

ひどい相場が続いています。中国経済のバブル崩壊と人民元の切り下げ、米国の利上げ懸念などが重なり、株式市場は世界的に暴落してしまいました。このあとのマーケットについて、草食投資隊はどう考えているのでしょうか。気になります。

なぜ魏の曹操は「鶏肋」と言ったのか?

藤野随分とマーケットが荒れましたね。実は少し前のセミナーで、「今のマーケットはケイロクだ」と言ったのです。

渋澤 ケイロク?

藤野 そう、ケイロク。漢字で「鶏肋」と書きます。三国志の漢中郡を巡る戦いで曹操軍と劉備軍が激突した時、持久戦にもつれ込んで、苦戦を強いられた曹操が、側近の楊修に「鶏肋」と言ったそうです。楊修は、この言葉を聞いて、漢中郡から撤退の準備をしたという逸話があります。

中野 禅問答みたいですね。なんで鶏肋という言葉だけで、撤退の準備を始めたのでしょう。

藤野 鶏肋は、肋骨に付いている鶏の肉です。骨に付いている肉は美味しいけれども、量が少ないから空腹は満たされない。捨てるには惜しいが、食べるところがない。漢中郡は、捨てるに惜しいけれども、大した役にも立たない。だから撤退だという判断ですね。

私がマーケットの状況を鶏肋に喩えた時、日経平均株価は2万0500円前後でした。この時点でひふみ投信は、キャッシュポジションの比率を16%まで高めたのですが、その時は良くてこう着。ダウンサイドリスクが高まりつつあるという印象を受けたのです。

次ページ天津の大爆発は、かなりマズイ話
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。