そろそろ株を買ってよい?まだ見送るべき?

魏の曹操が語った「ケイロク」をご存知ですか

中国・天津の爆発現場。中国経済にボディブローのようにきいてくる(写真:Imaginechina/アフロ)

ひどい相場が続いています。中国経済のバブル崩壊と人民元の切り下げ、米国の利上げ懸念などが重なり、株式市場は世界的に暴落してしまいました。このあとのマーケットについて、草食投資隊はどう考えているのでしょうか。気になります。

なぜ魏の曹操は「鶏肋」と言ったのか?

藤野随分とマーケットが荒れましたね。実は少し前のセミナーで、「今のマーケットはケイロクだ」と言ったのです。

渋澤 ケイロク?

藤野 そう、ケイロク。漢字で「鶏肋」と書きます。三国志の漢中郡を巡る戦いで曹操軍と劉備軍が激突した時、持久戦にもつれ込んで、苦戦を強いられた曹操が、側近の楊修に「鶏肋」と言ったそうです。楊修は、この言葉を聞いて、漢中郡から撤退の準備をしたという逸話があります。

中野 禅問答みたいですね。なんで鶏肋という言葉だけで、撤退の準備を始めたのでしょう。

藤野 鶏肋は、肋骨に付いている鶏の肉です。骨に付いている肉は美味しいけれども、量が少ないから空腹は満たされない。捨てるには惜しいが、食べるところがない。漢中郡は、捨てるに惜しいけれども、大した役にも立たない。だから撤退だという判断ですね。

私がマーケットの状況を鶏肋に喩えた時、日経平均株価は2万0500円前後でした。この時点でひふみ投信は、キャッシュポジションの比率を16%まで高めたのですが、その時は良くてこう着。ダウンサイドリスクが高まりつつあるという印象を受けたのです。

次ページ天津の大爆発は、かなりマズイ話
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT