そろそろ株を買ってよい?まだ見送るべき?

魏の曹操が語った「ケイロク」をご存知ですか

藤野テロのような突発的事象は織り込めませんが、米国の利上げの可能性にしても、中国経済のスローダウンにしても、すでにわかっていたことですから、それをマーケットが織り込むのは当然のことです。

渋澤 確かに、米国は過去の歴史になかったほどの金融緩和を行い、長期金利は極めて低水準になったわけですから、そこから利上げをした場合のインパクトは、なかなか織り込みにくい面があると、僕は思うのですよ。ただ、長期投資を前提にするならば、動揺するほどのことではありません。

市場を「俯瞰」できるかが問われる

中野 俯瞰しなければなりませんよね。

渋澤量的金融緩和から出口を模索する時は、質が問われます。量がなくなるわけですから、やはり質ですよね。

中野質が問われるというのは、つまり大きな目で全体を見ることです。足元の値動きばかりを見ていると、本来の姿が見えなくなってしまう。本来の姿を冷静に見れば、米国の金利が上がるのは間違いありません。なぜかというと、少なくとも先進国において金利が上がるのは、経済が順調だからです。

藤野質が問われる時代だからこそ、伊藤レポートが出て、スチュワードシップコードやコーポレートガバナンスコードが出てきたわけですが、これらは漢方薬みたいなものだから、日々改善努力を続けることによって、ジワジワ効いてきます。それと運用会社としては、これからフィデューシャリー・デューティー、つまり「受託者責任」が問われるようになってきます。

中野セゾン投信はいち早く「フィデューシャリー宣言」を出させてもらいました。

渋澤 ただ、どうなんでしょう。昔から受託者責任とか、なんとか責任という言葉が出てくるけれども、ほとんどの場合、それは担当者が責任を持ってやるということではなく、逆に責任を取りたくないから、使われてきた言葉に聞こえたケースが結構ありました。

中野 受託者責任というか、顧客への忠実義務という言葉が最も適切な表現かと思うのですが、日本の運用会社の場合、忠実義務を負っている先が違うように思えます。お客様よりも、株主や会社の利益だったりします。

次ページ資産運用ビジネスは何のためにあるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。