そろそろ株を買ってよい?まだ見送るべき?

魏の曹操が語った「ケイロク」をご存知ですか

渋澤 組織における自分の保身のために使っているのが現状です。これから、そのようなマインドセットに変化があると期待したいのですが・・・

藤野資産運用ビジネスは本来、お客様の資産を殖やすという非常にシンプルな目的のためにあるものですよね。銀行や証券会社が集めているお金って、国民の貴重な財産なのに、これまでの投信ビジネスを見ていると、ファンドマネジャーはどうも運用に対して熱心ではない。

本当は粉骨砕身、お客様の資産を殖やすために努力する必要があるのに、それをやっていない。なぜなら、リターンを上げなくても、販売金融機関の営業力によって、お金がどんどん集まってきたからです。でも、運用成績の良いところにお金が集まれば、良い会社が買われ、悪い会社が売られるという当然のことが起こり、健全な規律が生まれます。シンプルに、お客様のために運用することを忠実に守るという意味で、フィデューシャリー・デューティーが強調されるようになったわけです。

日本経済の持続的な成長の土台を作れ

渋澤伊藤レポートの根っこの精神は持続的成長の促進です。そのために、企業側も運用側も、やらねばならないことがある。そして、企業側と運用側という両輪が、お互いに信頼関係を築くため、目的ある対話が必要ということです。企業と運用会社がきちっとコミュニケーションをとることによって、そこに持続的成長の土台が出来上がるのだと思います。それが、藤野さんがさっき言った漢方薬ですよね。

おめでとう草食投資隊!R&I(格付投資情報センター)が贈る最優秀・優秀ファンドに3社そろって選出!(左からレオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん、コモンズ投信会長渋澤健さん、セゾン投信社長中野晴啓さん)

中野 フィデューシャリー・デューティーの主役は投資信託業界です。投資信託会社が悪さをしないようにするため、今までは法律というルールで縛ってきたわけですが、これが逆に「ルールに書かれていなければ何をやっても良い」というモラルハザードにつながっていました。

でもフィデューシャリー・デューティーに関しては、ルール化するものではないけれども、自分で世の中にお客様に対する受託者責任、あるいは忠実義務を宣言して下さいということですから、プリンシブル、つまり原理原則で自らを律する!という非常に重いことだと思います。自ら宣言しておいて、受託者責任にもとることをすれば、お客様からそっぽを向かれてしまいます。

渋澤マーケットは乱高下を繰り返していますが、こういう時だからこそ、持続的成長のために何が必要なのかをじっくり考える必要がありますね。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。