世界一のトイレ ウォシュレット開発物語 林良祐著

世界一のトイレ ウォシュレット開発物語 林良祐著

日本人にとってみればトイレの汚物が1回で流れるのは当たり前。しかし、世界を見渡すと必ずしもそうではなく、2、3回流さなければしっかり洗浄できないトイレもあるらしい。トイレの洗浄水量を6リットルに規制する国が増え、世界標準として節水型トイレが注目される中、TOTOは4・8リットルという少量の水で確実に流す「超節水型」トイレを開発、商品化している。

日本人ならではの繊細な感性と徹底した物づくりの技から誕生したハイテクトイレは、今やトイレをくつろぎの快適空間へと変化させた。

ウォシュレット誕生から30年。開発者として日本のトイレの進化を見続けてきた著者が、開発の裏側とトイレの未来を語る。

朝日新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT