気まずい!日本人がはまる「和製英語」のワナ

とんでもない意味になっていることも!

次も、よく間違いやすいケースです。

ムーディー=大人な雰囲気、ではない!

ムーディーなレストラン、ムーディーな音楽というとどんなイメージですか。日本語で使うこの「ムーディー」、ちょっと暗くてオトナな雰囲気といった感じでしょうか。英語にもmoodyという単語がありますが、実は日本的な感覚とは違う意味で使われています。具体的には、「気分にムラのある」という意味で使われるのです。通常、すぐに機嫌が悪くなったり怒ったりする様子を表します。この意味のズレから、ちょっと誤解が生じたことがありました。

あるメーカーで、研修のたびに上司の話をしてくれる研修生がいました。どうやらその上司、いつも機嫌が悪くてプリプリしては、なにかと部下に当たり散らしているとのこと。社内でも有名なのか、他の研修生も「ああ、あの人ねぇ」という感じの反応でした。Sounds like he is always moody.(どうやら、その人はいつも機嫌が悪いみたいだね)と筆者が言うとNo, he’s notという返事。

筆者の「おや?」という反応に、研修生も「あれ?」という表情。ちょっと考えて、日本語のムーディーと取り違えたのだとピンと来ました。尋ねてみると「オトナな雰囲気のムードのある素敵な人」という意味だと思ったとのことでした。

こんな話をすると、同じような経験があったと、同僚のアメリカ人女性教師が話してくれました。彼女は朝がとても苦手。I can be really moody in the morning.(朝は機嫌が悪いことがあるの)と研修で言ったら、日本人の研修生がニヤニヤとして、妙な反応をしたそう。どうもおかしいと思った彼女が、どういう意味なのか解ったかと聞くと、You are very sexy in the morning(朝はセクシー)と言われてビックリしたと大笑い。

My boss is moodyと言われても、間違っても「紹介して」なんて言ってはいけませんよ。

さて、いかがだったでしょうか。次回の記事では思わず爆笑してしまう、誤った和製英語の使い方について取り上げたいと思います。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。