ビジネススクールではすぐに就職活動も始めて、卒業後はマッキンゼーに入社しました--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第2回)


 マッキンゼーに入社してからはまずはロサンゼルスオフィスで電力会社、バイオ、そして石油会社のプロジェクトに携わり、東京オフィスに移ってからはエレクトロニクスやテレコムがコアなクライアントだったのですが、電気工学というバックグラウンドやリクルートで情報通信サービスを手掛けた経験があったので、技術的にも興味のある分野でした。マルチメディア関連を初め、様々なプロジェクトをやりました。

--マッキンゼーには7年間在籍され、ヘッドハンターを通じて99年にゼネラル・エレクトリック社(以下GE)へ移られました。

マッキンゼーをはじめどのコンサルタント会社でも大体2~3年周期が「アップorアウト」のタイミングです。マッキンゼーでは、入社して2~3年でエンゲージメントマネージャー(EM)という次のポジションが待っています。そして、また2~3年後にシニアエンゲージメントマネージャー(SEM;現AP)、次はもうパートナーです。

パートナーになるかどうかというのは大きな節目です。パートナーになるには、いろいろな資料の整備やインタビューの準備など大きなハードルがあるし、無事パートナーになったとしたらまたそこから5年間は会社にいることになるのかな、と思いました。

当時35歳だったので、パートナーに無事なれたら次の節目ではもう40歳。今後も自分はずっとコンサルタントを続けたいのかと考えた時、アウトサイダーではなく中に入りたいと思いました。

コンサルタントは確かに色々なシチュエーションが経験できて面白いのですが、決断をするのはクライアントであり、あくまでコンサルタントの仕事はアウトサイドからの提言です。実施のサポートもしますが、実施の責任を持つのもやはりクライアント。コンサルタントを辞めて事業会社に行って自ら「ヒト・モノ・カネ」を動かしてみたいと思うようになりました。

マッキンゼーに入った時から色々なところからヘッドハンティングの話はありましたが、実際に面接に応じ始めたのはシニアエンゲージメントマネージャーになって今後のことを考えるようになってからです。IT系とサービス会社からもオファーがありましたが、やはり最終的には人とポジションが決め手となりGEを選びました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT