ビジネススクールではすぐに就職活動も始めて、卒業後はマッキンゼーに入社しました--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第2回)

ビジネススクールではすぐに就職活動も始めて、卒業後はマッキンゼーに入社しました--織畠潤一 シーメンス・ジャパン代表取締役社長兼CEO(第2回)

--なぜ、リクルートから再びMITに戻ってMBA取得を目指したのですか。

仕事は面白かったのですが、経営に興味がありました。大学の専攻も電気工学で、経営をきちんと学んだわけではないので、一度“学”として経営の基礎を身につけたいと思いました。友人にビジネススクールに通っている人もいましたし、MBA取得はいわゆるドア・オープナーになるのではと思ってMITに戻ろうと決断しました。

当時の上司は、「お前はMBAをとったら会社を辞めるだろ」と言いつつ、「でも、退職して私費で行くにはあまりにも負担が大きい」と休職扱いで支援してくださった。強く送り出していただいたことに今でも感謝しています。

89年8月末まで在職し、9月から休職してMITに戻りMBAを取得しました。休職扱いにしてもらえたので戻る場所もあったのですが、最初から会社は辞めるつもりでした。

--MBA取得後、マッキンゼー・アンド・カンパニー(以下マッキンゼー)を選んだ理由をお聞かせください。

ビジネススクールで昔も今も就職先として最も人気があるのがコンサルティングと投資銀行です。コンサルティングであればマッキンゼー、BCG、ブーズといった経営コンサルティング大手、投資銀行だとゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、リーマン・ブラザーズといったところがやはり人気でした。

私も企業派遣ではなく私費ということもあり、一年生のときから就職活動をやって、幸いにもまずサマージョブで経営コンサルティングと投資銀行でそれぞれオファーをいただきました。

ただし、色々な問題解決や経営シチュエーションに触れてみたかったし、ビジネススクールで学んだことを実践して成長できるのは経営コンサルティングだと思い、サマージョブをブーズ・アレン・ハミルトンのニューヨークオフィスで行い、その後の本就職活動では経営コンサルティングに絞って就活をしました。最終的にはマッキンゼーを選択しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。