松本大・マネックスグループ社長--米国、中国市場でシェアを伸ばす余地は十分にある


 目標は連結のコストに関して、4年後までに固定費の20%減、販管費全体の15%減を実現したい。営業利益率は今は約20%だが、4年後には40%に持っていく。

--中国市場の開拓に向けた戦略は。

中国は、香港にマネックスBOOM証券という100%子会社を持っている。市場でのシェアはまだ小さいが、市場は巨大であり伸びる余地は十分にある。
 
 北京の書店などを訪れると、ハウツートレードのような本が山積みになっている。大体は米国の有名な投資家の写真などが表紙に載っている。中国人にとっては、日本以上に資本市場は米国から来たというイメージがある。
 
 その中国で、米国ナンバーワンブローカーのトレードステーションのブランドは強烈だ。それを使わない手はない。いずれはマネックスブランドではなく、トレードステーションのブランドでやっていく。

また、トレードステーションはシステム会社なので、証券免許の障壁が低いと考えられる。そのため、ひとっ飛びで中国市場に参入できる。これは従来のマネックスグループだけではできなかった。

--株式以外の金融商品では、他社とどう差別化を図るのか。

株以外も差別化は難しくなってきている。たとえば投資信託の多くは運用会社の商品であり、それは他の証券会社も販売可能だ。債券も同様で、基本的には他社も販売可能な外資系証券会社の商品を売っており、それでは差別化できない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。