もうすぐ発表「アカデミー作品賞」候補を一挙解説 『オッペンハイマー』など、注目作がそろう

拡大
縮小
アカデミー賞 2024
作品賞、監督賞など13部門にノミネートされ、本年度アカデミー賞最有力候補と名高い映画『オッペンハイマー』© Universal Pictures. All Rights Reserved.

世界最高峰の映画の祭典「第96回アカデミー賞授賞式」が3月10日(日本時間3月11日朝)にアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われる。

今年は『PERFECT DAYS』(国際長編映画賞部門)、『君たちはどう生きるか』(長編アニメーション賞部門)、『ゴジラ-1.0』(視覚効果賞部門)という3本の日本映画がノミネートしており、日本でも例年以上に注目を集めそうだ。

そこで今回はアカデミー賞をより深く楽しむために、今年のノミネート作品の傾向を、作品賞のノミネート作品を中心にまとめてみた。

注目の日本作品3つ

作品賞の解説に入る前に、注目の日本作品についておさらいをしてみたい。

視覚効果賞部門にノミネートされた『ゴジラ-1.0』はこの部門の本命。ハリウッド大作に比べると低予算作品でありながら、ゴジラの凶暴さを具現化した迫力のビジュアルはアメリカでも評価が高い。

ゴジラ-1.0 アカデミー賞
(左から)『ゴジラ-1.0』の高橋正紀(3DCGディレクター)、山崎貴(監督)、渋谷紀世子(VFXディレクター)、野島達司(エフェクトアーティスト/コンポジター)©A.M.P.A.S.

ちなみにこの部門のライバルは『ザ・クリエイター/創造者』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』『ナポレオン』の4本となる。

宮崎駿監督(崎はたつさき)の『君たちはどう生きるか』は長編アニメーション賞部門にノミネート。多くの映画人の尊敬を集める宮崎監督の復帰作ということで、ゴールデングローブ賞の最優秀長編アニメーション映画賞を受賞するなど注目も高いが、オスカーの前哨戦として有力な全米製作者組合賞(PGAアワード)では『スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース』が受賞するなど、接戦となっている 。その他のノミネート作は『マイ・エレメント』『ニモーナ』『ロボット・ドリームズ』。

ジブリ 君たちはどう生きるか アカデミー賞
宮崎駿監督の作品が長編アニメーション賞部門にノミネートされるのは4度目で、『千と千尋の神隠し』で受賞した(C)2023 Studio Ghibli
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT