「将来の目標が定まらない」思い悩む学生の盲点 自分が成し遂げたいことを具体化して考える

✎ 1〜 ✎ 313 ✎ 314 ✎ 315 ✎ 最新
拡大
縮小
安井元康 熱血相談 学生
弁護士か、コンサルか。思い悩む学生に、安井さんはどうアドバイス?(写真: Fast&Slow / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

人を助けたい、社会を変えたいという思いで東大に入り、なんとなく弁護士を目指していました。しかし、そんな中で2年生の終わりを迎え、いつの間にか予備試験を勉強してきた学生たちに後れをとってしまっています。
現在コンサルの就活に踏み切るべきなのか、弁護士に「なれない」リスクを背負ってまで勉強をするべきなのか、わからなくなってきました。
自分は、たくさん働きながら、自己実現をしたい、社会を変えたいという思いがあります。そういう意味では、弁護士もコンサルも魅力的な職業だと感じています。 コンサルというやりがいのある仕事をしてみたいと思う反面、弁護士になりたかったという「後悔」が生まれてしまうのではないかという怖さがあります。
その一方で、リスクを背負ってまで弁護士になりたいか、と言われるとわからなくなってしまいます。思ったとおりの成績が出せなければ、望み通りの事務所には就職できない可能性もあるのと、法学の勉強自体は、あまり得意ではないと自覚しているからです。 就活までの期限が差し迫ったなかで、自分で納得して職業を決めたいのですが、決めあぐねています。
FK 学生

目標が漠然としていないか

この連載の記事一覧はこちら

ご自身がやりたいことや、成し遂げたいことをより具体化したうえで、その実現のための選択肢を考えたほうがよいでしょう。

FKさんは「なんとなく弁護士を目指して」と書かれていますから、おそらく目標などが漠然としているため、手段である職業選びも漠然としてしまい、自分自身の選択に自信が持てない、ということなのだと思います。

目的や目標が曖昧であるがゆえに、その実現のための手段を絞り込むことができない、という状態とも言えると思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT