職場を「安全基地」にするため不可欠な3ポイント リモートワークでも心理的安全性を高めるには

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
リモートワークで困った表情をする女性
効率よく働けるリモートワークですが、心理的安全性という面では上司として気をつけたい点もあります(写真:nonpii / PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)
リモートワークなどで働き方が多様になった一方、「メンバーの顔と名前が一致しない」「ちょっとしたことを質問したい時に遠慮をしてしまって聞けない」といった不安の声が聞かれるようになりました。
このような状況下で、チームの心理的安全性をどのように育んでいけばよいのでしょう。
広江朋紀氏の著書『マネジメントに役立つ心理的安全性がよくわかる本』から一部を抜粋、再編集し、心理的に安全なカルチャー(組織風土)を育む重要性や、そのための仕組みづくりについて考えます。

損なわれるチームメンバーの心理的安全性

上司と部下との信頼関係が強固で、上司自身の心理的安全性が確保されていたとしても、チーム全体の心理的安全性が高いとは限りません。

なぜなら「チーム」は単なる個人の集合ではなく、有機的なつながりを持つ集団だからです。

職場でよく聞かれる悩みの声を、下図に示します。

現場でよく聞かれるチームメンバーの悩み
(画像:『マネジメントに役立つ 心理的安全性がよくわかる本』)

いかがでしょうか。この図を見ると、上司とだけでなく、先輩や同僚など他のメンバーとの関わりが断絶していたり距離感があったりすると、職場に対して不安・不満を覚えやすいことが分かります。

チーム全体を心理的に安全な場にするには、職場を安全基地(セキュアベース)にする必要があります。

安全基地は、イギリスの精神科医、ジョン・ボウルビィの愛着理論をもとにアメリカの心理学者、メアリー・エインズワースが提唱した考え方です。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT