「10年以内に販売台数100万台超えを目指す」--富士重・吉永社長インタビュー

−−中国進出は最後発になる。

米国進出も最後発だった。日本から完成車を輸出し、一定の販売規模を確保してから、現地生産する。きちんと段取りを踏む。スバルの販売は65万台規模。どんどん出て行く会社ではない。

今後も日本からの輸出は続ける。そこに現地生産した車を安価で売る。輸出車にはメイド・イン・ジャパンの価値があり、食い合う話ではない。現地の合弁相手とは販売面でも協力していく。


−−北米市場では、東海岸に販売が偏っている。

北米では主力車種「レガシィ」を大型化したことが受け入れられている。もともとスバルはSUV(多目的スポーツ車)に強いが、市場が大きいのはセダン系。レガシィに続き、セダン車種をどう伸ばすかが課題だ。

北米の販売店は620店。総数に変化はないが、米GMの販売縮小による鞍替えなどで、実は3~4割が入れ替わっている。これにより販売の取り組みが格段に向上した。これは大きな財産。特に西海岸を意識的に攻める計画はない。

−−トヨタとの提携に変化はあるか。

一言で言えば従来通り。共同開発車などで具体的な成果を出していきたい。今後もウィン・ウィンの関係を続けられればいい。

−−トヨタからシステム供給を受けて、13年にハイブリッド車(HV)を投入する。

スバルの特徴である水平対向エンジンとの組み合わせになる。開発コンセプトは「走りの良いHV」。燃費だけを求めれば、すべて「プリウス」と同じ形になる。販売台数の規模は今後詰める。中計の中ではHVで何台という組立はしていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT