「10年以内に販売台数100万台超えを目指す」--富士重・吉永社長インタビュー

−−電気自動車(EV)「プラグインステラ」は生産を中止した。今後のエコカー戦略は?

まずはトヨタと共同開発するHVに注力する。EVやプラグインハイブリッドをどうするかは、その後考える。

EVの技術者は現在HVの開発に携わっており、技術としてはつながっている。自動車メーカーは、技術的な蓄積が大事。レガシィに搭載した運転支援システム「アイサイト」も、当初は見向きもされなかったが、20年かけてようやく花開いた。技術さえ持っていれば、後はアライアンスでの分担次第だ。

−−今後の小型車の開発については?

水平対向エンジンは1.5リッター以上。水平対向では小型車は作れない。
 小型車については色々なケースがある。トヨタからのOEM(相手先ブランドによる生産)だけとは限らない。トヨタからエンジンの供給を受け自社開発するなど、さまざまな可能性を考えていきたい。

昨秋にトヨタからOEMを受けて小型車「トレジア」を販売したが、開発にはのべ約100人が参加した。OEMでもスバルらしさは出せる。あとはどれくらい売るかだ。小型車が本当に必要なら、しっかり販売していかないと。トレジアの販売動向も見極めながら、具体的な戦略を詰めていきたい。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT