だからローソンは"万年2番手"を脱せない

<動画>セブンのしないことにリソースを割け

音量にご注意ください
セブンーイレブンに続き、ローソンがレジ横のスペースでのドーナツ販売を全国8000店舗へと拡大中だ。昨年コンビニ各社で一気に白熱したコーヒー戦争に続き、今度はドーナツ……。夏野剛氏は、「2番手としては、ちょっと残念な施策」と語ります。

 

セブン-イレブンが昨年末からドーナツを扱い始めたというのは、もう大きく知られるところですが、それにローソンが追従、というニュースについて、今日は一言申し上げたいと思います。

日本のコンビニ市場は、セブンが圧倒的な強さを誇っています。何が強いかというと、1㎡当たりの売上高がほかのコンビニの約2倍もあるのですね。ですから、セブンが扱う商品は全部、ほかのコンビニが追いかける。この構図が長らく続いています。

特にセブンが戦略的に長けているのは、ほかのコンビニチェーンが導入したヒット商品も遅滞なくまねていくというところなので、セブンとほかのコンビニとの差、1㎡当たりの売上高、あるいは1店舗当たりの売上高は、なかなか縮まりません。

このままではローソンに行く意味がなくなる

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

そんな中、セブンが先に導入したドーナツという商品を、ほかのコンビニが追いかける……。その気持ちはわからなくないのですが、2番手、3番手がトップとの差を詰めたいのなら、まったく同じものでまねるのではなく、独自性を出す道を選ぶしかないと思います。

そういう意味では、ローソンが今回追随してドーナツを導入、というのは、ちょっと残念な施策だという気がします。ドーナツで勝負するくらいだったら、ほかのもので行きませんか。チュロスでもなんでも、ドーナツに似たものが、ほかにいくらでもあるじゃないですか。

セブンだって、ドーナツにリソースを割けば、ほかの似たようなものにまで展開するのは難しいはずです。とにかく何にしても、1番手がやらないことをどんどんやり続けるというのが、おそらく2番手3番手が1番手との差を縮める唯一の方法だと思うのです。

そういう意味では、コーヒーに続いてドーナツにも参入……、わからないではないのですが、同時に、あるいはそれを捨ててでも、1番手がやらないことをやるという道を追求してほしい。

そうしないと、ローソンに行く意味、ファミリーマートに行く意味がなかなか見いだせなくなってしまうと思います。でも「セブン一強」というのは、ユーザーにとっておもしろくない。ぜひ、2番手3番手、頑張ってください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。