大借金に汚れた国土、そのツケ回しは無責任--『創発的破壊』を書いた米倉誠一郎氏(一橋大学イノベーション研究センター教授)に聞く

──そこでの新興企業とは。

3年以内に設立された企業のことだ。日本はものづくりの技術はあるが、マネジメントに問題を抱えている。中小企業も巨大企業の傘下にあって、動きの鈍いケースが少なくない。従来なら、起業3年以内の企業への発注はありえない。これにより、大企業からのスピンアウトやマネジメントバイアウトによって、若くて力のある人が自由に仕事をする場を作るのが目的だ。これをシュンペーター風に言うと、エコノミック・スペースを作ることになる。

──最終的には道州制に。

道州制は国の中に国を作るという概念といえよう。同窓の北海道知事に、中央政府は見限ってプーチン、メドベージェフのロシアと組んだら、とけしかけているのだが。

よねくら・せいいちろう
1953年生まれ。一橋大学社会学部および経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。米ハーバード大学でPh.D.を取得。イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセスの研究を専門とし、季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長、日本元気塾塾長も務める。

(聞き手:塚田紀史 撮影:大澤 誠 =週刊東洋経済2011年7月2日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『創発的破壊』 ミシマ社 1785円 289ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT